Kindleにて写真集発売中!

UlanziのF38クイックリリースで三脚がより便利になった!

こんにちはSohouです。

今回はULANZI×FALCAMのクイックリリースシステムF38を紹介します。

三脚を使う時にいちいち三脚にカメラを取り付けるのが面倒だと思ったことはありませんか?
また、三脚を使っていてパッと手持ちに変えたいなと思ったことはありませんか?

私もずっと上記のようなことを思っていたのですが、今回ULANZIのクイックリリースシステムを見つけて、これがなかなか良い感じです。

ULANZI F38クイックリリースシステム

ULANZIにはいくつかのクイックリリースシステムがありますが、今回購入したのはF38というシリーズです。

クイックリリースのプレートをRICOH GR3につけると上の写真のような感じになります。

プレート自体は正方形です。

GR3の本体の厚みより少し厚いのでプレートが少し出っぱる形になります。

このF38クイックリリースシステムにはバックパックの肩ベルトに取り付けられるマウントがあり、またPeak designのクイックシューに対応したクランプがあります。

ULANZIクイックリリースシステムのイマイチな点

ULANZIにはいくつかクイックリリースシステムがあると書きましたが、そのなかでも今回購入したF38シリーズは少し高めです。

その分アルミ製でつくりはしっかりした感じがします。

ULANZIクイックリリースシステムの良い点

F38クイックリリースクランプ自体がアルカスイス互換となっています。

そのためアルカスイス互換の雲台に取り付けることができます。

こうすることによって、三脚自体をクイックリリースシステムがつかえるようにすることができます。

クイックリリースは横のボタンを押しながらプレートを抜き差しすることができます。

誤ってボタンを押してクイックリリースから外れてしまわないようにロックをかけることもできるので安心です。

F38クイックリリースクランプをLeofotoのMT-03、LH-25に装着したのが下の写真です。

ULANZIのクランプ自体はそれほど大きくないため、ミニ三脚のMT-03に装着してもそれほど出っぱったりすることもないため、ミニ三脚の小型性を損いません。

また、このクランプ自体はとても軽いため三脚が重くなったりという心配もありません。

まとめ

今回はFALCAM×ULANZIのクイックリリースシステムF38を紹介しました。

小型でしっかりしていて、使いやすいクイックリリースシステムだと思います。

これのおかげで三脚へのカメラの装着がかなり楽に素早くできるようになりました。

今後は手持ちカメラの三脚プレートを全てこのULANZIのF38のタイプに統一していきたいと思っています。

同シリーズにバックパック用のカメラホルスターもあってこちらも気になっている製品ですので試してみたいと思っています。