インドネシア

【インドネシア料理】インパクト大の黒いスープ!Rawon(ラウォン)

ラウォン

こんにちはSohouです。

今回はインドネシアのスープ料理の「Rawon(ラウォン)」を紹介します。

 

f:id:shuck:20180203152855j:plain

Rawonは見た目にかなりインパクトがありますよね。

なんせ真っ黒なんです。

Rawonは牛肉の入ったブラックスープです。

このRawonはインドネシアのスラバヤが発祥と言われています。

このスープにはkeluakという実が使われていて、この実が入っているためスープが黒くなっています。

 

こちらがkeluakです。

 

f:id:shuck:20180203152516j:plain

今回食べたのは具材が牛肉だけのとてもシンプルなRawonです。

keluakの他にも様々な香辛料が使われています。

インドネシア料理は辛いものが多いですがこのRawonは辛くはありません。

 

辛味が欲しい場合は、別途サンバル(唐辛子)を自分の好みでいれます。

少し酸味があり、香辛料の香りがするスープです。

Rawonと一緒に発芽もやしが付いてきます。

このもやしをスープに入れるとサクサクとした食感を楽しむことができます。

スープをご飯にかけたり、ご飯をスープに入れたりして食べるのが一般的です。

じっくり煮込まれた牛肉の旨味がぎゅっと濃縮されています。

インドネシアで見つけた際にはぜひ一度食べてみて下さい!