小型の動画用カメラが欲しいからDJI Osmo pocketとDJI pocket 2を比較してみる

こんにちはSohouです。

今回はタイトルの通りDJIのジンバル搭載小型動画用カメラであるDJI Osmo PocketとDJI pocket 2の比較について紹介します。

スマホとスマホ用ジンバルも持っているので、それを使って撮影すればいいと思っていたのですが、スマホで動画撮影がなかなか難しいということに気が付きました。

スマホ用のジンバルとしてDJI OM4を持っていますが、スマホをくっつけるというところまでは非常にスムーズにできるのですが、そこからスマホのロックを解除して、アプリを起動してというのが意外とスマートにできません。

そのためなかなか使おうという気になれませんでした(それくらいで使う気になるなよっ!と言われてしまいそうですが。。。)。

でも動画は撮りたい!、ということで小型カメラを検討しています。

アクションカム(insta360 One R)も持っていますが、画角が14.4mmと広すぎるため、周辺歪曲などいかにもアクションカムで撮りましたという画像になります(それはそれでいいのですが)。

それよりももう少し画角が狭く、かつコンパクトな動画用カメラを考えるとDJI のosmo pocketシリーズが第1候補になりました。

このOsmo pocketにはpocket2の2バージョンが発売されています。

今回はこの2機種を比較したいと思います。

DJI Osmo PocketとDJI Pocket 2の比較

まずは簡単に2機種の違いを表にしてみました。


Osmo pocketPocket 2
サイズ121.9×36.9×28.6mm124.7×38.1×30mm
重量116g117g
センサー1/2.3インチCMOS1/1.7インチCMOS
画角26mm20mm
駆動時間140分140分
価格¥45,650¥49,500

DJI pocket 2になり、Osmo pocketよりもサイズがひと回り大きくなっています。

ただしその分、Pocket 2ではセンサーのサイズが大きくなっているため、画質の向上が期待できます。

もう一つ大きな違いとしては、カメラの画角です。

DJI Pocket 2になり、より広角なレンズになりました。

自撮りやVLog撮影などの際には広角の方が撮影しやすいですね(私は自撮りは滅多にしませんが)。

価格ですが、上の表のものはDJIの公式ストア価格で、価格コムなどを参照するとOsmo Pocketの方は32,000円(2021年6月現在)ほどで購入できるようです(DJI Pocket 2の方はほぼ変わらず49,000円程度)。

スペックはDJI Pocket 2で間違いなく上がっているのですが、絶妙な価格差で1万円以上の差があるとOsmo pocketでもいいかなという気になりそうですね。

どこまで使いこなせるかというところを考えるとOsmo Pocketでもいい気がします。

まとめ

今回はDJIのジンバル搭載小型カメラのDJI Osmo PocketとDJI Pocket 2の比較をしました。

DJI Pocket 2で画質などは上がってはいますが、価格差を考えるとOsmo Pocketでもいいようなという悩ましい結果となっています。

おそらくどちらを使っても満足すると思います(ちゃんと使えば)。

少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA