富士フイルムX-T5にM型レンズを装着して遊ぶ!

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちはSohouです。

タイトル通りなのですが、X-T5にM型のマニュアルレンズを装着して写真を撮ってみました。

X-T5は富士フイルムのXマウントのため、そのままM型レンズを装着することはできません。

XマウントをMマウントに変更するためのマウントアダプターが必要になります。

私は富士フイルム純正のマウントアダプターを購入して使用しています。

今回はM型レンズをX-T5と一緒に使った感想と写真を紹介します。

目次

M型レンズ

今回使用したM型レンズはフォクトレンダーのCOLOR-SKOPAR F2.5 P IIレンズです。

フォクトレンダー
¥39,402 (2024/05/15 09:28時点 | Amazon調べ)

M型といえばライカのマウントですが、ライカレンズは高すぎて中々購入できません。。。

マニュアルレンズはコンパクトなものが多いので、カメラとレンズトータルでコンパクトになりますね。

また、クラシックなボディのX-T5との見た目の相性もなかなか良いです。

M型レンズは基本的にマニュアルフォーカスなので、普段使っているXFレンズとはまた違った感覚になります。

いつもならばシャッターボタン半押しですぐにピントがあうものを、自分でピントリングを回してピント合わせをしなければいけません。

この作業が楽しくも難しく、フォーカスが合っているのかが分かりにくいです。

X-T5のマニュアルフォーカスの補助機能としていくつかありますが、私はデジタルプリズムを使用することが多いです。

M型レンズ写真

まとめ

今回はX-T5でM型レンズを使ってみました。

X-T5の各ダイヤルを使ってシャッタースピードなどを調整する操作体系はマニュアルフォーカスレンズと合っていますね。
レトロカメラみたいな感覚で楽しめます。

高いですが、今後はライカレンズなどを装着して撮影もしてみたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次