Kindleにて写真集発売中!

コンパクト望遠ズームレンズ:Canon RF 70-200mm F4 L IS USMレビュー

こんにちはSohouです。

CanonのRFシステムの望遠ズームレンズRF70-200mm F4 L IS USMを半年ほど使用したので、インプレッションをまとめておきます。

キヤノン RF 70-200mm F4 L IS USM

キヤノンのフルサイズミラーレス一眼のレンズ規格であるRFレンズのF4通しの望遠ズームレンズです。

EFレンズよりもコンパクトに

EFレンズにも70-200mm F4というレンズがあります。

EFレンズの際はインナーズームを採用しており、レンズの長さが約176mmと長かったのですが、今回のRFレンズではインナーズームではなくなったがためにレンズ長が短くなり、望遠ズームレンズでありながら、標準ズームの24-105mmとほとんど同じ長さにまでコンパクトになっています。

また、側面にはLockのつまみがあり、ワイド端でズームリングをロックすることができます。

そのため、首からカメラをぶら下げていても振動でじょじょにレンズが伸びていくということもありません。

ズームリングのトルク感もゆるすぎずという感じなので、ロックなしでもレンズが勝手に伸びてくるということもなさそうですが、より安心です。

重量の方もEF70-200mm F4より軽量になっており、EFレンズが約780gだったのに対し、RF70-200mm F4では約695gになっています。

小型・軽量化されているため、旅行などにも標準ズームと望遠ズーム両方を持っていくのも負担が減りますね。

作例

フルサイズのF4かつ望遠なので、背景もしっかりボケます。

ボケ具合はどうですかね??

最短撮影距離は0.6mなのでそれほど被写体に寄ることはできません。

標準画角だと周りに余計なものが入りますが、望遠だと景色の一部を切り取ることができますね。

持ち運びも便利で画質も良いのでかなり良いレンズだと思います(さすがキヤノンのLレンズです)。