海外旅行のクレジットカード

旅好きが考える!海外旅行にクレジットカードは何枚必要??

海外旅行にクレジットカードがあるととても便利です。

大金を持ち歩かなくてもいいので安心。

問題は何枚持っていくか?

一枚で十分なのか?

何枚持っていくか?

今回は僕の今までの旅行経験から何枚くらい必要かを書こうと思います。

そもそも海外旅行にクレジットカードは必要なのか?

そもそも海外旅行にクレジットカードは必要でしょうか??

結論から言うと、私は海外旅行にクレジットカードは必要だと考えています。

クレジットカードが必要だと思う理由としては、付帯保険とセキュリティーのためです。

まず、付帯保険に関してですが、クレジットカードには海外旅行保険が付いているものがあります。これを利用すれば別途海外旅行保険に加入する必要がなく、旅行費用を節約することができます。

次にセキュリティー面ですが、現金の場合だと落としたり盗まれてしまったらもうおしまいです。二度と戻ってきません。

クレジットカードの場合も戻ってこないかもしれませんが、クレジットカードだとすぐにクレジットカード会社に連絡してカードを止めれば不正利用を防ぐことができます。

全く現金を持たないということは不可能ですが、旅行中にも大金を持ちあるかなくて済むようになります。

クレジットカードは1枚だと不安

海外旅行中のクレジットカードの枚数ですが、さすがに1枚だけというのは不安です。

実際経験したことがあるのですが、日本では普通に使えていたのに海外でカードが使えないといったトラブルが発生する可能性があります。

決済端末の問題?かもしれません。

ある店で使えなかったクレジットカードが別の店では使えたりして正直わけがわかりません。。。

そのほかにもクレジットカードの磁気不良や限度額いっぱいで使えないなどのトラブルも考えられます。

そのためカード1枚では不安です。

そのほかにもカードブランドが未対応という可能性があります。

特にJCB、アメリカンエキスプレス(アメックス)、ダイナースのカードを使っている場合注意が必要です。

VISAやMasterCardと比べてこれらのブランドのカードは店が未対応の場合が多いです。

例えば僕が住んでいるインドネシアではVISA、MasterCard、JCBに対応している店は多いのですが、アメックスに対応している店は少ない印象でした。

逆に欧米ではJCBに対応していない店が多いです。

ということで一枚だけというのは不安なんです。

クレジットカードは最低3枚あると安心!

ということで海外旅行の際にはクレジットカードが3枚あると安心です。

そして複数枚持つならVISAかMasterCardは最低一枚持つべきです。

一つのカードブランドに偏らせるのではなく、複数のカードブランドを持っていると安心です。

そしてこのクレジットカードの内2枚は財布に、もう1枚は非常用のために別の場所で管理しておくといいです。

こうしておけば万が一財布が盗まれてしまってもその非常用の一枚があればなんとかなります。

海外旅行保険の合算が可能

クレジットカードを複数枚持っていることのメリットとして、クレジットカードに海外旅行保険が付帯している場合、疾病治療・障害治療費はクレジットカードで合算が可能です。

そのため3枚くらいあれば医療費が高額になっても対応できます。

クレジットカードを選ぶ場合には旅行代金をそのクレジットカードで支払っていなくても保険が付帯する自動付帯のクレジットカードを選んでおく必要があります。

海外旅行中のクレジットカード

参考のために僕が海外旅行中に利用しているクレジットカードを紹介します。

エポスカード

現在はエポスプラチナですが、ノーマルのエポスカード、エポスゴールドは年会費が無料です。

このクレジットカードは海外旅行保険が充実しており、その保険は自動付帯です。

また、カードブランドもVISAなので世界中のどこでも使いやすいです。

セゾンプラチナビジネスアメックスカード

年会費がかかるカードですが、旅行関連のベネフィットがあります。

中でも旅行で嬉しいのはプライオリティパスが無料でついている点です。

プライオリティパスがあれば空港でラウンジが利用できるようになります。

ラウンジではビールを飲んだり、軽食を食べたりすることができゆったりできます。

アメリカンエキスプレスグリーン

付帯の海外旅行保険の障害・疾病治療費は300万円と充実しています。

楽天カード

楽天カードは無料で作成することができます。

クレジットカードのブランドはマスターカードにしています。

クレジットカードは海外旅行で頼もしい味方になってくれるものです。

是非海外旅行に行く際にはクレジットカードを持って行ってくださいね。

それでは良い旅を!