写真・カメラ

コンデジの旅行用三脚はどれがいいの??選ぶポイントとおすすめを紹介!

2017年12月27日

こんにちはSohouです。

この記事では旅行にもおすすめなコンデジ用の三脚の選び方とオススメを紹介します。

旅行にコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)を持っていく人も多いと思います。

スマホでもかなりキレイに写真が撮れる時代にわざわざカメラを持っていくなら、三脚も一緒に持っていくともっといい写真が撮れるようになります。

三脚を持っていってスマホとは別次元の写真を撮っちゃいましょう!

それでは早速コンデジの三脚の必要性と選ぶポイントから説明していきます。

コンデジに三脚が必要?・三脚があると何がいいの?

まず、そもそもコンデジに三脚が必要なのかという部分と、三脚を使うと何がいいのか?という部分を説明します。

コンデジに三脚が必要になるシーンは主に夕方〜夜にかけての撮影、室内の撮影、自撮りの3つになります。

夕方〜夜にかけての撮影や室内の撮影では周辺が暗くなるため、手持ち撮影だと手振れしてしまうことが多くなってしまいます。

手振れを防ぐにはISO感度を上げて、シャッタースピードを上げる必要がありますが、これをするとセンサーサイズが小さいコンデジではノイズが目立ってしまって、手振れはしていなくてもすごくざらざらとした(ノイズの多い)写真になってしまいます。

こういったことを防ぐためにも、夕日をみたり夜景をみたりする場合には三脚を持っていくことをおすすめします。

また、自撮りの際にも(ミニ)三脚は役に立ちます。

スマホなどで使う自撮り棒のような感じで、コンデジに三脚を取り付けて顔から離せば、自分たち+周りの背景も一緒に撮影ができます。

コンデジ用の三脚を選ぶポイント

では、どういった三脚を選べばいいのかというところですが、コンデジにはあまり大きすぎる三脚は向きません。

そもそもコンデジはミラーレス一眼のように重くないのは足の太い丈夫な三脚は必要ないですし、カメラより三脚のほうがゴツいってどうなの??って感じがします。

ゴツくてしっかりした三脚になると重さもかなり重くなってきます。

そのためコンデジ用の三脚はコンパクトで軽い三脚がおすすめです。

旅行用の三脚には通常の大きい三脚とミニ三脚の2つの種類があります。

まずはそれぞれの三脚の特徴を紹介します。

ミニ三脚

ミニ三脚のメリットはコンパクトで軽いという点です。

そのためカバンの中でもスペースをとらないので入れておきやすいです。

荷物をなるべく軽くしたい場合にはとても便利です。

一方、ミニ三脚は名前の通りミニサイズなので高さが不足してしまいます。

机の上において使う分には問題ないですが、地面に置くと見上げるアングルになってしまいます。

三脚の置き場所を工夫する必要があります。

通常の三脚

通常の三脚は高さが十分にあり、観光地でも使いやすいです。

景色がきれいな所では転落防止用の安全柵があったりしますが、この高さよりも高い三脚ならストレスなく撮影が可能です。

デメリットとしては大きさがそれなりにあるのでかさばるということです。

まあこれは三脚使用の宿命ですね。。。

個人的にはコンデジのコンパクトさを活かして、ミニ三脚を持ち歩くのをおすすめします。

おすすめのコンデジ用旅行三脚

ミニ三脚

マンフロット PIXI

ミニ三脚でおすすめなのはマンフロットのPIXIです。

このミニ三脚は230gととても軽量なので持ち運びにも苦労することはありません。

このミニ三脚は脚を閉じることによってグリップとして使うことができます。

グリップとして使うことによって動画撮影もしやすくなります。これでかなり手ブレも抑えられると思いますよ!

ジョグジャカルタの夜景

実際にPIXIを使って写真を撮ってみました。

ホテルのバーのカウンター席からの夜景写真です。

机の上において使うにはコレくらいのサイズがちょうどいいです。

マンフロット PIXI EVO

先ほどのマンフロットのPIXIのひと回り大きいミニ三脚です。

三脚の脚が二段階の高さ調節が可能だったりと、高さの調整がPIXIよりもしやすくなっています。

Leofoto ポケット三脚MT-03

値段が高くなりますが、Leofotoのポケット三脚MT-03もおすすめです。

ミラーレスカメラも搭載できるほど、造りもしっかりしている三脚で、私も実際ミラーレスカメラとも使っています。

足の開閉も三段階で調整できるのと、脚を二段階に長さを調整することができます。

通常三脚

マンフロット Compact Light

全高: 131cm
縮長: 39.8cm
重量: 816g

三脚の重さも1kgをきる軽さで旅行用としてとてもバランスの良い三脚です。

HAKUBA 4段三脚 3WAY雲台  W-312BK

全高: 128.5cm

縮長: 44cm

重量: 730g

この三脚はとにかく値段が安いです!

今まで三脚を使ったことがなくて、一度試してみたいという場合にもお手軽に買えます。

ベルボン UT-43

全高: 154cm

縮長: 26.8cm

重量: 1.08kg

この三脚の特徴は折りたたんだ時のコンパクトさです。

折りたたんだら26.8cmしかありません。

ここまでコンパクトだとカバンの中に入れて持ち運びやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

私のおすすめはコンデジにはまずPIXIを試してみるというものです。

PIXIは価格も安いので、お試しで使い始めるにはちょうどいいと思います。

ぜひ旅行のお供に三脚を持っていってみてくださいね。

この記事が参考になれば嬉しいです。

-写真・カメラ
-, ,