富士フイルムX-E4とXF27mm F2.8で軽快街スナップ

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちはSohouです。

今回は富士フイルムのX-E4と単焦点レンズのXF27mm F2.8の組み合わせでの街スナップを紹介します。

X-E4とXF27mm F2.8のコンパクトさと軽さが、街スナップに丁度良いカメラサイズ感になり、最近気に入っています。

目次

X-E4とXF27mm F2.8

富士フイルム
¥44,800 (2024/05/19 17:15時点 | Amazon調べ)

X-E4の重さが364g、XF27mm F2.8の重さが84gなので合計448gになります。

また、XF27mm F2.8レンズは非常に薄いレンズのため、カメラからの出っ張りが少なくなります。

さすがにポケットには入りませんが、非常にコンパクトになりますので、気軽にカメラを持ち出すことができます。

徒歩での移動が多くなりがちな街スナップの際に長時間カメラを首にぶら下げていても、重さが気になりにくいので、長時間移動することができます。

ちなみに私はカメラストラップにPeak designのリーシュを使用しています。

街スナップ写真

街スナップで解像度カリカリの写真は必要ないと思っています。

それよりも撮影のしやすさ、移動のしやすさを重視しています。

移動距離は機材の重さに反比例しますね。

スナップ用のレンズとして、XF27mm F2.8とXF18mm F2という選択肢もあります。

XF18mmは35mm換算28mmなので、RICOH GR3やLeica Q3といったレンズ一体型のカメラと同じ画角になります。

XF27mmは35mm換算約41mmなので、GR3xと同じ画角ですね。

個人的には街スナップの場合、35mm換算40mm程度のある程度狭い画角の方が好みなのでXF27mmを使っています。

高層ビル群や広い公園などではXF18mmで撮ってみるのも面白そうです。

まとめ

最近はカメラがどんどん大型化・高機能化していっています。

その中でコンパクト軽量に使えるX-E4とパンケーキレンズのXF27mmは街スナップしやすいカメラとレンズの組み合わせだと感じました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次