Kindleにて写真集発売中!

夜の神田で置きピンスナップ【キリトルセカイ Vol.39】

こんにちはSohouです。

今回のキリトルセカイは東京は神田です。

置きピンスナップ

写真家の西田航さんがYoutubeで紹介していた「置きピンスナップ」を試してみました。

置きピンスナップとはフォーカスを無限遠にして、絞りを絞って(F11〜14)、シャッタースピードオート、ISOオートで撮影するスタイルです。

この設定で「写ルンです」のようなパンフォーカスの写真が撮れます。

EOS R5でシャッタースピードオートができなかったので、今回はシャッタースピードは1/125〜1/300秒くらいで撮影しました。

また、フォーカスはMFにして無限遠にしましたが、RF50mmレンズにはレンズ側面にFocusとcontrolの切り替えスイッチがあり、まずFocusに設定してピントを無限遠にもっていき、スイッチをControlの方に切り替えることでピントを固定できたので、誤ってフォーカスリングに手が触れたりしてもピントが変わらず撮影が楽でした。

神田

EOS R5 RF50mm F1.8 STM, 1/320秒, f14, ISO 12800

▲ISO上限を12800に設定していたため、光量が足りず全体的に暗い写真になっています。

またISOが高いことによってかなりノイズがのっていますね。

しかし、ノイズの乗った写真も結構個人的には好きです。

EOS R5 RF50mm F1.8 STM, 1/200秒, f11, ISO 12800

▲f14ではあまりに暗かったので、f11まで開き、シャッタースピードも少し落としています。

EOS R5 RF50mm F1.8 STM, 1/200秒, f11, ISO 12800
EOS R5 RF50mm F1.8 STM, 1/125秒, f11, ISO 3200
EOS R5 RF50mm F1.8 STM, 1/125秒, f11, ISO 12800
EOS R5 RF50mm F1.8 STM, 1/125秒, f11, ISO 12800

パンフォーカスなのでピント位置に気を取られず撮影できるので、ぱっと写真を撮れました。

ふだんならカメラを構えないようなところでも撮影ができて新たな発見があったりして面白かったです。

また、普段はISOもなるべく低くして撮影しているので、高ISO写真はほとんど撮らないのですが、今回は暗かったこともありISOが高くなってノイズもかなりのっていましたが、これはこれでスナップ写真としてありなのかなと思っています。

今回はRF50mmの単焦点でしたが、RF35mmなどの広角で撮っても楽しそうですね(レンズ持ってませんが。。。)

撮影機材