マイクロフォーサーズミラーレスカメラ

オリンパス・OM-D E-M10 MarkIIIが発売!4K動画に対応!!

オリンパスのOM-Dのエントリー機E-M10の後継機E-M10 MarkIIIの発売が発表されました。

E-M10はファミリー向けのミラーレス一眼という位置づけです。

エントリー機らしくミラーレス一眼が初めての人にも使いやすいように設計されています。

今回はE-M10 MarkIIIの特徴とMark IIからの進化点を紹介したいと思います。

 

 E-M10 MarkIII

5軸手ブレ補正

E-M10 MarkIIIはボディー内の5軸手ブレ補正を搭載しています。

ボディー内の手ぶれ補正なので、レンズに手ブレ補正機能がなくても全てのレンズで手ブレを抑えることができます。

手ぶれ補正性能はシャッタースピード4段分です。

 

ボディー内手ぶれ補正はレンズ内に手ブレ補正機構がないものでも手ぶれ補正が効くのがいいですね。

この5軸手ブレ補正は動画撮影時にも威力を発揮します。

 

軽量・コンパクト

オリンパスのミラーレスカメラは軽量・コンパクトなのがなによりものメリットだと思います!

今回のE-M10 MarkIIIもかなりコンパクトで、重さはなんと410gしかありません。

iPhoneXの重さが大体180gなので、スマホ2台とちょっとの重さですね。

レンズ込みでスマホ3台分くらいの重さになると思います。

かなり軽いです!

 

4K動画に対応

Mark IIIは4K動画に対応しました。

強力な5軸手ブレ補正との組み合わせで手持ちで4K動画を撮影が可能です。

 

4K対応のアクションカムなども色々発売されていますが、なかなか協力な手ブレ補正機能を搭載したものはありません。

4K動画は画質がきれいな分ちょっとしたブレでもかなり気になってしまいます。

強力な手ぶれ補正が搭載されていると安心です!

手持ちで撮影されていますが、かなりキレイです!

 

画像処理エンジン

フラッグシップ機のEM1 markIIと同じ画像処理エンジンTruePic VIIIを搭載しています。

 

デザインはクラシック

デザインはクラシックです。

フィルムカメラを彷彿させるデザインですね。

個人的にこういうレトロカメラをイメージしたデザインは好きです。

 

タッチパネル液晶

タッチパネル液晶なので直感的な操作ができます。

タッチパネルでピント位置を調整したりすることができます。

 

タッチAFシャッター

より直感的な操作が可能になっています。

タッチパネルをタッチするだけでピントを合わせられるのでスマホと同じように操作することができます。

初めてのミラーレス一眼でも安心ですね。

 

チルト式

背面の液晶モニターはチルト式です。

液晶モニターの角度を変えることができるので、ローアングル・ハイアングルでの撮影もしやすいです。

 

電子ビューファインダー

電子ビューファインダー搭載なので、カメラで撮ってるって感覚を存分に味わうことができます。ww

電子ビューファインダーはホワイトバランスや露出を調整したときにその設定が電子ビューファインダーでも反映されるので撮影後の感じがつかみやすいです。

 

内蔵フラッシュ

上位機種のE-M1 MarkIIやE-M5 MarkIIには内蔵フラッシュがなく外付けのフラッシュなのですがE-M10 MarkIIIはフラッシュが内蔵しています。

夜景をバックに人物などを撮影する際には、内蔵フラッシュを使うことで夜景と人物の両方を明るく撮影することができます。

 

Wi-fi接続でスマホと簡単接続

Wi-Fi接続ができるのでスマホと簡単に接続でき、SNSなどに写真をアップするのもとても簡単です。

 

E-M10 MarkIIからの進化ポイント

4K動画に対応

MarkIIIは4K動画に対応しました。

写真だけでなく、高画質な動画を撮影することで思い出がよりいっそう残せそうですね。

これからはミラーレス一眼で動画も写真も撮るというのが標準になってくるかもしれませんね。

 

121点AFポイント

これはフラッグシップ機E-M1 MarkIIと同じAFポイント数です。

これでAFポイント数が81点のE-M5 MarkIIを抜きました。

 

画像処理エンジン

画像処理エンジンもフラッグシップ機E-M1 MarkIIと同様のものを搭載しています。

 

8.6コマ/秒の連写

連射性能もMarkIIの8.5コマ/秒から若干の進歩があります。

 

E-M10 MarkIIIの作例

E-M10 MarkIIIで撮影されたムービーです。

4K動画と手ぶれ補正でめっちゃキレイなムービーです。

4K動画が撮れるようになったのが一番のポイントですね。