海外旅行トラブル

海外旅行はスリに注意!フランスでカメラの盗難被害にあってしまった話。。

今回は海外旅行中にカメラの盗難にあってしまった体験談を紹介します。

 

[box class=”box28″ title=”あわせて読みたい”]少しの油断も禁物!海外旅行でカメラを盗難された男の結末とは・・・[/box]

それは姉妹での初めてのフランス旅行でした。

関西国際空港から出発して、4泊6日の旅行でした。

 

フランス旅行でカメラの盗難!

楽しい旅行になるはずだったのにフランス滞在の初日にカメラの盗難に遭いました。

海外旅行に行く前から、フランスは携帯やカメラなどを盗まれる事があると聞いていたのですが、まさか自分がという感じでした。

 

シャンゼリゼ大通りを歩きながら色々な場所を写真で撮っていました。

財布とパスポートと携帯は首からかけるタイプのものを使用して、常に服の中に入れていました。

カメラだけは服の中に入れる事が出来なかったので、首からかけて胸下に下げていました。

少し立ち止まって寺院の写真を撮ったりしている時に、いつもカメラが胸元で写っているのが嫌で首から外して少し離れた場所に置いて写真を撮ってもらいました。

 

撮り終わって戻るとそこにあったはずのカメラが無くなっていました。

妹がたまたま見ていたようで、女性がカメラの方に近づいていたと言っていました。

すぐにあたり周辺を探しましたが姿がなく、人混みに紛れてしまってわかりませんでした。

もしかしたら地下鉄へ乗る階段を降りたのかと思いましたが、怖かったので追いかけるのはやめました。

 

気付いた時には奪った女性はもうおらず、どこに行ったかもわからない状況だったので悔しいですが諦めました。

ありがたいことに妹もカメラを持っていたので、思い出がゼロになる事はなかったです。

 

海外旅行保険で保証

帰国後、海外旅行保険に加入していたので電話しました。

電話では、盗難に遭った時の状況を細かく説明し、何が盗難に遭ったのかを伝えて、ツアーの詳細を説明しました。

そして、申請が可能かどうかを判断して頂きました。

申請の判断基準として、盗難を証明できる第三者が必要という事ですが、妹が見ていてくれたので妹と話をしてもらいました。

その後保険会社から損害保険保険金申請書が郵送で届きました。

盗難に遭った時の状況などを詳しく書くようになっていました。

申請の際はカメラを購入した時のレシートや、保証書の原本が必要でした。

返送した後は指定口座に補償額を振り込まれます。

勝手に全額が戻ってくると思っていたのですが、査定された額しか戻ってはきませんでした。

まあでも少しでも戻ってきただけありがたかったです。

 

カメラを守るためのスリ対策は??

正直、あれだけ周りから口すっぱく言われていて、自分なりに気をつけていたつもりでもこういった結果になったので、最も有効的な対策方法は無いのかもしれないと思っている自分がいます。

強いて言えば、大切な物は1秒たりとも自分から離してはいけないという事でしょうか。

その為の対策として、服の中に隠すというのは有効的だと思います。

相手に見えていない物は盗られるリスクが低いです。

ただしリュックサックはカバンを切り裂かれるようなこともあるみたいです。。。

 

今更ですが、やっぱり日本人は平和ボケしているところがあるのだと思います。

潜在意識の中で少々なら大丈夫だろう、という気の緩みがあったのだと思います。

今まで何度も海外旅行に行った事があるなかで、初めてこのようなことになったので、過信もあったと思います。

経験したからこそ言えますが、日本より安全で平和な国はないといっても過言ではないと思います。

今後は二度と同じ事にならないように、意識改革をしないといけないと思っています。