インドネシア

バリ島名物の豚肉料理!バビグリンをサヌールで食べてきた!

バビグリン

こんにちはSohouです。

インドネシア料理にはナシゴレンやサテといったものがありますが、インドネシアのバリ島にはバリ島名物料理としてバビグリンと言うものがあります。

今回バリ島の東部・サヌール地区でこのバビグリンを食べてきたので紹介したいと思います。

バビグリンとは?

「バビ」はインドネシア語で豚を意味します。

インドネシア人の大部分はイスラム教徒なので豚肉は食べないのですが、バリ島はヒンズー教徒が大多数を占めており、豚肉料理も普通に食べます。

ちなみにインドネシアのジャワ島などではコンビニでビールが買えないんですが、バリ島だと普通にコンビニにビールが売っています。

「バビグリン」というのは豚の丸焼きの事です。

Warung Babi Guling Sanur

今回行ったお店はバリ島東部のサヌール地区にある「Warung Babi Guling Sanur」というお店です。

ワルン(Warung)とはインドネシア語で食堂という意味です。レストランよりも小規模でローカルの人がよく行くといったイメージです。

こちらがバビグリン。

スープも一緒に付いてきます。

バビグリンは豚の丸焼きなので豚の色々な部位を食べることができます。

味付けはちょい辛。

お子さんにはちょっとからすぎるかもしれません。

このバビグリンで一番印象的だったのは豚の皮の部分。

めちゃめちゃぱりぱりでした。

後は腸詰めが個人的には好きですね。

値段はワルンの割にはRp. 500,00(約500円)とちょっとお高め。

ですが試してみる価値はありますよ!

今回はバリ島のバビグリンを紹介しました。

バリの名物料理のバビグリン。

バリ島に行った際には是非食べてみてくださいね!

それではよい旅を!

この記事がお役に立てば嬉しいです。