旅具

海外旅行中の野菜不足解消に青汁がおすすめな理由!

こんにちはSohouです。

いままで海外旅行中に体調を崩したって人も多いんじゃないでしょうか。

それはもしかしたら栄養不足が原因かもしれませんよ。

 

僕は海外旅行に行く際は青汁を持っていくようにしています。

今回は僕が海外旅行に青汁を持っていく理由と青汁の便利さを紹介します!

海外旅行中の野菜不足や栄養バランスが気になる人は参考にどうぞ。

 

海外旅行に青汁を持っていく理由

海外旅行では栄養不足になりがち

海外旅行中はその土地の名物料理ばかり食べることが多いですよね。

やっぱりその土地の伝統料理、名物料理を食べないともったいない感じがします。

しかしそういう名物料理に野菜がメインの料理ってあんまりないような気がします。

僕の今住んでいるインドネシア料理で言えばナシゴレンとかミーゴレンとかサテなんかが有名です。

ミーゴレンにちょっと野菜が使われていたり、ナシゴレンの横にちょろっとデカイきゅうりの輪切りが添えられていたりという程度です。

そうすると食事のバランス、栄養のバランスが崩れるてしまいます。

 

そもそも野菜があんまりメニューにないということもあります。

インドネシアでは野菜を使った料理が全然ないんです。

ナシゴレンとかアヤムゴレンとかそういうものばっかりです。

 

こちらはラウォンというインドネシアのスープですがまあ見事に肉だけです。

 

と、こんな感じで茶色系の食べ物が多いんですよ。

そして基本的に一品で済ましてしまいがちです。

 

また、途上国では生野菜を食べるのがちょっと怖いという部分もあります。

野菜を洗っている水がホントにキレイかどうか疑わしいですからね。。。

 

フルーツでビタミンを補給することもできますが、フルーツは糖分が多いのでとりすぎるのもあまり良くありません。

このような感じで海外旅行中は栄養が偏りがちです。

 

青汁が便利な理由

個包装

青汁は一回分が個包装されているので便利です。

1日に1袋を飲むと考えて、旅行に必要な日数分の青汁を持っていけばいいので荷物も重くなりませんし、かさばりません。

 

粉末

粉末なのでLCCなどを使って、荷物は機内持ち込みだけで旅行に行く場合にも手荷物で引っかかることはありません。

ちなみに青汁は英語で「aoziru」もしくは「green juice, green drink」と言うそうです。

僕は今までチェックされたことがありませんが、もし手荷物検査で尋ねられた場合にはこれで切り抜けましょう。

 

野菜ジュースとかだと液体なので機内には持ち込めませんよね。

 

栄養価が高い

青汁に使われている大麦若葉は非常に栄養価の高い食品です。

鉄分や様々なビタミン類、食物繊維が豊富に含まれています。

さすがに青汁だけ飲んでいれば安心とはいきませんが、豊富なミネラル、ビタミン類を補給できるので栄養不足の解消に役立ちます。

 

 

サプリメントでビタミン類を補給することもできますが、個人的にはちゃんと野菜を摂取したほうが安心感があります。

青汁と言えばまずいというイメージがあるかもしれませんが、最近発売されているものはとても飲みやすいものが多いです。

ですので水で溶かしても普通に飲めますよ。

是非海外旅行に行く際はお試しあれ!

⇒やわたの本青汁