ライフハック

1本で3役!Anker Powerline II 3-in-1を購入しました!【レビュー・評価】

前回、AnkerのPowerCore Fusion 5000を購入した際に一緒にケーブルも購入しました。

そのケーブルというのが「Anker Powerline II 3 in 1」です。

今回はこのケーブルの使用感などをレビューしたいと思います。

スペック

まずは基本的なスペックです。

ケーブルの長さは0.9mです。

3 in 1ケーブルということで端子はmicro USB、lightning、USB-Cに対応しています。

Lightningとmicro USBは2.4Aに、USB-Cは3Aの出力に対応しており高速充電が可能です。

Powerlineという名前の通り12000回の折り曲げ耐久性があります。

LightningはAppleのMFI認証を取得しています。

Anker PowerLine II 3 in 1のいいところ

3 in 1ケーブルということで複数のケーブルを持ち歩かなくていいというのがとても便利です。

僕はiphoneを使っていますし、ポケットwi-fiはmicro USBで充電です。

その他GoProも持っているので本来ならば3本のケーブルが必要です。

今までは3本のケーブルをカバンの中に入れていたので、ごちゃごちゃしていましたしケーブル同士が絡まったりしていることもしばしば。。。

しかし、このケーブルにしてからはケーブルの管理がスマートになりました。

このケーブルにはケーブルをまとめるためのバンドが付属しています。

カバンにケーブルを入れる際についついそのまま無造作に入れがちですが、このバンドがあればきちんとケーブルをまとめることができます。

PowerLine IIはLightning、micro USBで2.4A、USB-Cで3Aの出力に対応しているので高速充電が可能です。

高速充電可能なAnker PowerCore Fusion 5000とも相性抜群です。

Anker PowerLine II 3 in 1のイマイチなところ

特に問題なく使えているのですが、あえてイマイチな点をあげるとすれば、耐久性を高めるためにケーブルの太さが他のモノより太くなっています。

そのため若干取り回しがしずらいかなーという点があります。

 

LightningとUSB-Cはmicro USBに変換アダプタをつけて変換するのですがどちら向きかが少しわかりにくいです。

あとは実際に耐久性がどの程度高いのかはまだ未知なので今後使っていってまた報告できればと思います。

 

今回はAnkerの3 in 1ケーブルを紹介しました。

荷物がスッキリしてとても快適です!

いろいろなガジェットを使っている方は是非このケーブルを使ってみてください。